農地転用・権利移動

農地転用・権利移動とは


農地は、農地法により、農地以外の目的で使用したり、他人に譲渡したりすることに対して一定の制限がかかっています。そのため、権利の移転や用途の変更には、その農地がある地域を管轄している農業委員会に許可申請や届出をすることが必要となります。
農業委員会に対して行う届出や許可には大きく分けて以下の3つがあります。

・3条許可
農地を農地のままにして、所有者又は小作者を変更するために必要な許可です。

・4条許可
農地の所有者を変更せずに、農地の用途を変更するために必要な許可です。

・5条許可
農地を農地以外の用途に変更し、所有権を移転するために必要な許可です。

農地が市街化区域、市街化調整区域のどちらに位置しているのか、また、農業振興地域に該当するのかどうかによって許可に必要な書類やその難易度が変わってきます。

開発許可

開発許可


、優先的・計画的な市街化を促進すべき『市街化区域』と市街化を抑制すべき『市街化調整区域』の制度を担保するため、一定規模の開発行為(市街化調整区域については原則全ての開発行為)を行おうとする場合、あらかじめ知事(政令・中核都市においては市長)の許可をとる必要があります。
開発行為とは、主として建築物の建築又は特定工作物の建設を目的とする土地の区画形質の変更のことをいいます。

<