行政書士飯田雅広のプロフィール

1976年(昭和51年)1月生まれ


兼業農家あった祖父母から農業の大変さと収穫の喜びを、勤め人であった父からは仕事の大切さを、喫茶店経営をしている母からは経営者の厳しさを学びました。

1988年(昭和63年)蟹江町立須西小学校卒業


祖父も父も通った小学校、私の子供も通っています。

1991年(平成3年)蟹江町立蟹江北中学校卒業


子供から大人へ成長する過程で悩み苦しんだ時期ですが、今となっては良き思い出です。

1994年(平成6年)愛知高等学校普通科卒業


明治9年に仏教・禅宗の曹洞宗によって創立された伝統校です。創立以来、「行学一体・報恩感謝」を建学の精神に掲げています。
この三年間で自立心を養えたと思います。

1998年(平成10年)愛知学院大学法学部法律学科卒業


明治9年に創設され、130年以上の歴史を有する中部圏でもっとも伝統ある大学のひとつとして知られる大学です。曹洞宗の設立による愛知学院大学は、愛知高等学校と同じく「行学一体・報恩感謝」を建学の精神に掲げています。
この4年間で法律家としての基礎を学びました。ただ、一番好きな講義は政治学でした。大学で学んだことを社会に還元したいと思っています。

1998年(平成10年)株式会社日本システムディベロップメント入社


東京証券取引所第一部に上場している企業で、現在は商号を株式会社NSDへ変更しています。この勤務時代に社会人としての知識・マナーを学びました。

2000年(平成12年)稲熊司法書士事務所に勤務


この事務所では、書類作成を通じて仕事の正確さと確認の重要さを覚えました。また、業務量が多い事務所でしたので、毎日の業務をいかに効率良く進めるかということを考え、仕事に優先順位をきちんとつけて臨むことで、正確かつ決まった時間までに迅速に処理をする力を養いました。

2004年(平成16年)行政書士登録



2005年(平成17年)細井隆好税理士事務所・有限会社ワイテイエイに勤務


昭和39年創業の老舗税理士事務所です。月次監査を通じて様々な社長様にお会いすることができました。普通の会社員では多くの経営者の方と話しをする機会はなかなかありません。このような企業経営に関係するような立場の方々と対等な話しができたということは大きな経験になっています。

2012年(平成24年)大板会計事務所・株式会社洪志経営に勤務


医業専門の税理士事務所では名古屋地区で最大手の税理士法人ブレインパートナーグループの税理士事務所です。大板会計事務所では医業関係(開業医・調剤薬局・動物病院・介護事業者)の会計監査と税務申告や経営相談に携わりました。それと同時に一般事業会社も担当し、会計監査と税務申告のほか経営計画策定をしており、私もお客様へ経営計画に基づき経営アドバイスをし、経営判断のお手伝いをしました。

2013年(平成25年)蟹江町にて行政書士飯田法務事務所開業


お客様を笑顔にするために日々奮闘中です!