産業廃棄物処理業許可

産業廃棄物処理業許可とは


他人の産業廃棄物の処理を業として行おうとする場合、都道府県知事(又は政令市、中核市長)から産業廃棄物処理業の許可を受ける必要があります。愛知県内(名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市を除く)で事業を行う場合は、愛知県知事の許可を受ける必要があります。

産業廃棄物処理業は以下の4つに分類されます。

1 産業廃棄物収集運搬業
   ・・・ 産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を除く。)の収集又は運搬を業として行おうとする者
2 産業廃棄物処分業
  ・・・ 産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を除く。)の処分を業として行おうとする者
3 特別管理産業廃棄物収集運搬業 ・・・ 特別管理産業廃棄物の収集又は運搬を業として行おうとする者
4 特別管理産業廃棄物処分業 ・・・ 特別管理産業廃棄物の処分を業として行おうとする者

※特別管理産業廃棄物・・・爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するものとして政令で定めるもの

許可を得た後も、事業の範囲を変更する場合の「変更許可申請」、5年ごとの「更新許可申請」などを行う必要があります。